千葉県支部「6月23日チャリティ・ギターコンサート」のお知らせ

中峰秀雄チャリティー・ギターコンサート
愛弟子・伊藤勲氏を偲んで

プログラム
前奏曲第二番/M.プホール
グラン・ホタ、アラビア風寄想曲
アランブラの思い出/F・タレガ
バーデン・ジャズ組曲/J・イルマル
もしも彼女がたずねたら/G・ヘイス
郷愁のミロンガ。哀歌。/中峰秀雄
映画「禁じられた遊び」のテーマ
コーヒー・ルンバ/マンソ。その他
ソロ、二重奏
クラシックからポピュラーまで、
予告なく、プログラム変更する事があります。

Shouta Kikuchi (賛助出演)

【会場】千葉県文化会館小ホール
【日時】2013年6月23日(日) 13:30開場 14:00開演 全自由席
◎前売券 \2000 「当日券\3000」
◆チケット取り扱い
◇ローソンチケット:Lコード№37393
〈ローソン、ファミリーマートでお求めになれます〉
◆お問合わせ:グループ(Hide)ハイド「03-3982-8571」
    http://www.nakamineguitar.com
未就学児のご入場は御遠慮くださいますようお願い申し上げます。
主催:伊藤勲氏を偲ぶ会
共済:グループ(Hide)ハイド
後援:公益社団法人日本ギター連盟
収益金は「もうまく基金」に寄付されます。

■伊藤勲 (1939年8月~2012年5月)
東京に生まれ中央大学経済学部卒。東芝入社直後、腎臓病による闘病生活が始まり、退社。
国家公務員を務めながらも20年間に及ぶ人工透析の後、1990年腎移植。網膜色素変性症の悪化に伴い1993年退職。
以後、心筋梗塞等、多くの病床に苦しむ。
1997年よりJRPS(日本網膜色素変性症協会)千葉県支部に入会。
同会役員として精力的に音楽ボランテイア活動に携わる。
佐渡裕指揮、読売交響楽団、秋山和慶指揮、東京フィル等、ベートーベンの第九に合唱で参加。
「ほほえみ」「ああるぴい」等で執筆、好評を得た。
全盲となるも2004年から7年間、中峰秀雄にギターを師事。
その間、ギターにより多くのボランテイア、慰問活動を行う。

☆ 伊藤さんの思い出
レッスンでは常に、夫人が伊藤氏をサポートして、文字通りの夫婦一体の微笑ましくも心打たれる日々でした。
視覚に頼れないので、レッスンでの音とポジションの説明、模範演奏を録音して、それを聞いて練習される。
涙ぐましい、鍛錬の日々でした。七年七ヶ月目に体調を崩されて、レッスンをやむなく退会されました。
その後、儚く、旅立たれてしまいました。
お通夜のご霊前前には、伊藤さんの愛奏された、ギターが置かれていました。
お焼香を済ませた、僕に伊藤さんのギターで演奏をと、突然、奥様が望まれました。
戸惑いましたが、ご冥福を祈り一曲だけ、ご霊前で演奏させて頂きました。
演奏が悲しむ皆様をお慰め出来た様でした。そのご縁で今回の追悼演奏会の運びとなりました。
改めて僕の演奏が伊藤氏への供養となれば、ギタリストとしてこの上ない喜びです。
中峰秀雄

■菊池翔天(きくちしょうた)
1987年7月 東京に生まれる。
2002年より現在まで中峰秀雄にギターを師事。
2010年 東京音大ギター科主席卒業。
音大在学中、荘村清志、江間常夫の各氏に師事。
2011年 名古屋ギターコンクール優勝
2012年 バッハギターコンクール優勝。
ヤマハ・スガナミュージックサロン目黒講師。

■中峰秀雄(なかみねひでお)
1954年9月 鎌倉に生まれる。
ギターを大沢一仁、津田昭治の各氏に師事。
理論を指揮の長瀬清正氏に師事。
第6回ビラ・ロボス国際ギターコンクール第4位入賞。
ブラジル学芸協会ドンボスコ及びサンパウロ国立音大ギター科主任教授を歴任。
T・サントス、E・フェルナンデス、V・ビリャダンゴス、C・アマロ、他、
多くの巨匠と親交を深め独自の演奏スタイルを確立する。
内外で数多くの演奏会、レコーデイング、放送出演を行い常に好評を得る。
本場ブラジルで「ビラ・ロボスの魂を奏でる奏者」と最大級の賛辞を得た。
南米ツアーにて巨匠C・アマロ氏より賞賛を得て組曲Verde を献呈され、CDリリース。
アンティーリャスの協奏曲(コルデーロ)、ギターと弦楽の為のゲルニカ(M・プホール)、
パーカッションスタデイー(カンベラ)他、数多くの作品を日本初演。1998年末帰国。
中峰秀雄ギター教室主宰・グループ・ハイド代表。
公益社団法人日本ギター連盟正会員
www.nakamineguitar.com

千葉県文化会館アクセス
千葉県千葉市中央区市場町 1 1 – 2
アクセス◆JR千葉駅よりバス(東口7番) 千葉県文化会館前下車徒歩2分
◆JR本千葉駅より徒歩10分 ◆千葉都市モノレール県庁前駅より徒歩7分
◆京成千葉中央駅より徒歩20分
■問合せ先 043-222-0201

カテゴリー: 都道府県JRPS・専門部会 パーマリンク

コメントは停止中です。