JRPS香川・キャッチフレーズ他設定について

JRPS香川として初の投稿となります。本部助言から練習を兼ねた投稿とします。

香川網膜色素変性症協会・(通称JRPS香川)では啓発活動の開始と伴いイメージアップと定着を模索していました。

以前より検討課題として先送りになっていたJRPS香川のキャッチコピーと、イメージとなる花を制定することになりました。昨日の臨時役員会で原案を一部修正して、役員全員一致で可決しました。本日より正式に試行いたします。

キャッチフレーズ

「広げよう虹色の輪∞JRPS香川支部」

サブフレーズ

「一人で悩まず心を開けば、見えないものが見えてくる。」

キャッチフレーズの説明

QOLの向上と一日も早い難病からの脱却を虹色に込めて、仲間の輪と心の輪を無限大につなぎ、実質的視野だけでなく精神的・社会的視野など幅広く視野を広げる活動していく意味を込めています。希望や夢は大きく、諦めなない気持ちで大きなリングで多様な意味で虹色の懸け橋となるように、JRPS香川の輪を広げていきたいです。

虹色とは?

生活の向上の輪

情報共有の輪

心の輪

会員相互の交流の輪

他団体との交流の輪

社会福祉の向上の輪

互助の輪

※7つの輪は明確に分けているので個別的説明は不要だと思っています。特に個別的輪を色分けして確定はしていません。本来の虹の順番も関係ありません。各自で思った色の輪を、また何かあるごとに7つの輪の色は思ってください。

サブフレーズの説明

キャッチコピーの補足として会員の虹色の輪を広げることにより、一人でも多くの患者に心を開いてもらい前向きに生活をしてほしい。一人で悩まず虹色の輪で助け合い、明るい未来を信じて積極的・地道な活動をすることにより、個人の視覚も進化して「見えないものでも見えてくる」ように変化するという意味です。一人でも多く香川支部の会員になってもらい、勇気を出し心を開いて病気から乗り越えてほしいと考えています。

JRPS香川の花

「カスミソウ(ピンク色)」

会の花の設定

2014年4月12日(日)に連絡会から「香川網膜色素変性症協会」に昇格し発足日を誕生日と考え、4月12日の誕生花の一つであるカスミソウ(ピンク色)を会の花と制定しました。花言葉は全般に『ありがとう』『感謝』『感激』『清楚』『清らかな恋』『清い心』『清き心』『清心』『純心』『淡い心』『無邪気』『無意識』『深い思いやり』『切なる願い』『切なる喜び』『思えば思われる』『喜び』『幸福』『夢心地』『夢見心地』『熱意』『魅力』『親切』『人の魅力を引き出す』『親切』など書かれています。

特に誕生花として、4月12日はカスミソウのピンク色と明記されているものが多く『ありがとう』『感謝』『切なる喜び』と書かれており、偶然ではありますが網膜色素変性症患者及び類似疾患の患者、視覚障害者に勇気づけられる花言葉になっています。

同等記事はJRPS香川公式ブログでも本日記事を更新しています。過去の記事と合わせて多くの方に読んでもらいたいです。

http://jrpskagawa.cocolog-nifty.com/jrpskagawa/

なお同等記事と書きましたが、公式ブログとは多少違う内容になっています。

管理人 道久より

カテゴリー: 都道府県JRPS・専門部会 パーマリンク

コメントは停止中です。