JRPS滋賀★医療講演会の詳細

滋賀県網膜色素変性症協会「医療講演会」のお知らせ

1994年5月、当時千葉大学教授の安達恵美子先生の主導と千葉ライオンズクラブの協力により、日本網膜色素変性症協会が設立されて22年。
これより、網膜色素変性症の治療研究が活発になり、今では20年前には想像もできなかったくらい、各方面からのアプローチが進められてきています。
主なものに、1)神経保護、2)再生医療(神経再生)、3)移植(神経網膜移植、網膜色素上皮移植)、4)幹細胞治療(神経幹細胞移植)、5)遺伝子治療、6)人工網膜などです。
滋賀県網膜色素変性症協会では、「治療法の確立」と「QOLの向上」を目標に地道に活動をしていますが、毎年この時期に最新の治療法を患者の皆様にお知らせするべく医療講演会を開催しています。
今回は、人工網膜の研究を進めておられる岡山大学の松尾俊彦先生、内田哲也先生をお招きし、「色素結合薄膜型(岡山大学方式)の人工網膜OURePの医師主導治験」という演題で、最先端の研究を解りやすくお話ししていただきます。
最新の治療研究に接するよい機会です。お気軽にご参加くださいますようご案内いたします。


日 時:平成28年6月5日(日) 13:30〜(13:00受付)
会 場:草津・市民交流プラザ「フェリエ南草津5F」・大会議室
滋賀県草津市野路1-15-5 TEL:077-567-2355
講 師:松尾俊彦先生
(岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科眼科学 准教授)
内田哲也先生
(岡山大学大学院自然科学研究科 高分子材料学 准教授)
演 題:「色素結合薄膜型(岡山大学方式)の
人工網膜OURePの医師主導治験」
参加費:一般参加者500円 JRPS会員・付き添い1名は無料
定 員:100名(先着順)
締 切:5月29日(日)
申込み:090-8826-8491(西村) 090-7090-1483(田中)
※ 駅から会場までの誘導が必要な方はご連絡ください。

□主 催:滋賀県網膜色素変性症協会(JRPS滋賀)

この講演会は「赤い羽根共同募金」の助成を受けています。

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, 医療講演会, 都道府県JRPS・専門部会 パーマリンク

コメントは停止中です。