JRPS京都★RP洛楽サロンin福知山のご報告

6月26日(日)に福知山市の「市民交流プラザふくちやま」で、
RP洛楽サロンin福知山を開催しました。
いなば眼科クリニック院長の稲葉純子先生に、ご自身の福知山での水害の被災者となられた体験や、災害弱者になりやすい障害者だからこそ、災害に備えることが大切で、その具体的な内容をお話しいただきました。
また、自分から視覚障害者であることをまわりに伝えておくことや、障害者の協会など何らかの組織や団体とつながることが、必要な支援を受けやすくなることもわかりました。
交流会では、初めて来てくださった方を含む、参加者27名が自己紹介をし、日常生活や病状についての質問も出され、有意義な時間を過ごすことができました。稲葉先生、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

カテゴリー: 都道府県JRPS・専門部会 パーマリンク

コメントは停止中です。