「JRPSワークショップ2019in福岡」参加者募集のお知らせ

RP患者を対象とした臨床試験(治験・臨床研究)が実施されるようになりました。今後この流れは加速すると思われます。私たち患者が被験者として実際に臨床試験に参加する機会が多くなります。
そのときに備えて、患者の立場から臨床試験を考えるワークショップを開催します。昨年の「網膜再生医療臨床試験」(「JRPSワークショップ in 神戸2018」)に続いて、今回は「遺伝子治療臨床試験」に焦点をあてます。
まず東京大学医科学研究所の武藤香織先生から臨床試験における患者の役割についてお話しいただき、続いて最近神経保護遺伝子治療の医師主導治験を開始された九州大学眼科の池田康博先生から遺伝子治療臨床試験のさまざまな側面をご説明いただきます。最後に私たち患者が臨床試験に参加するにあたって知りたいこと、知っておくべきことについてグループワークを行います。
参加希望者は、下記要項参照のうえ、お早めにお申込みください。

【名称】JRPSワークショップ2019 in 福岡
~網膜遺伝子治療臨床試験・患者からのアプローチ~

【主催】公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)

【対象】RPと類縁疾患等の患者・家族および一部医療従事者
(JRPS会員および一般応募)

【日時】2019年11月10日(日)13時~16時50分

【主会場(福岡)】
福岡朝日ビル 地下1階16号室(福岡市博多区博多駅前2-1-1)
https://www.asahibuilding.co.jp/fukuoka_building.html

【サテライト会場】インターネット回線を介して主会場と同時開催します。
名古屋会場:愛知県産業労働センター 1306会議室および1305会議室
(愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
http://www.winc-aichi.jp/facility/

横浜会場:横浜市社会福祉センター 8階8F会議室
(神奈川県横浜市中区桜木町1-1 横浜市健康福祉総合センター)
http://www.yokohamashakyo.jp/kensyu/s-4-1.html

【参加募集人数】福岡会場(48名);名古屋会場(24名);横浜会場(24名)

【主な内容】
講演1:「臨床試験における患者の権利と責務(仮)」
武藤 香織(東京大学医科学研究所)

講演2:「遺伝性網膜変性疾患に対する遺伝子治療の現状(仮)」
池田 康博(九州大学眼科)

参加者全員によるグループ討論と発表:「遺伝子治療臨床試験 ~研究参加者としてどのようなことを知っておきたいか~」

【参加費】無料

【申込み期間】2019年8月1日(木)~8月31日(土)[先着順]
※ただし、本部事務局は8月8日(木)~8月18日(日)まで夏期休業予定

【申込み方法】
下記事項を記載し、FAXまたはメールにてJRPS本部事務局までお申込みください。
FAX・メールのタイトル欄には、「JRPSワークショップ2019 in 福岡 申込み」とご記載ください。
FAX:03-5753-5176 Eメール:info@jrps.org

————————————————————————————————————-
「JRPSワークショップ2019 in 福岡」申込み記載事項

1.氏名(フリガナ)
2.住所(案内状をお送りする宛先の住所をご記載ください)
3.連絡方法(電話番号、FAX番号、携帯電話番号、メールアドレスを
ご記載ください)
4.属性 (1)患者、(2)家族、(3)医療従事者
5.介助者の有無 ※討論に参加される家族の方は別途お申込みください。
6.盲導犬・車椅子等使用の方はその旨ご記載ください。
7.案内状のデイジー録音CDが必要な方は「CD必要」とご記載ください。
8.参加会場 (1)福岡、(2)名古屋、(3)横浜
9.最寄り駅と会場間の誘導など、 お手伝いの必要な方は事前にご相談ください。
10.講演者への事前質問(いただいた質問を整理して講演者にお伝えし、
講演内容に反映していただくようお願いします)
※参加いただく方には、10月中旬以降に、参加証と案内状をお送りします。
なお定員になり次第、JRPSホームページでお知らせします。
————————————————————————————————————-

問合せ先:JRPS本部事務局 TEL:03-5753-5156(平日10時~16時)
(ただし、8月8日(木)~8月18日(日)までの夏期休業期間を除く)

カテゴリー: お知らせ, イベント情報, ニュース, 医療講演会, 情報公開, 本部, 視覚障害者向けイベント案内 パーマリンク

コメントは停止中です。