ホーム

お知らせ

ごあいさつ

一般社団法人 日本網膜色素変性症協会
理事長 金井國利

一般社団法人日本網膜色素変性症協会(JRPS)は1994年5月に、患者、学術、支援の皆様の、治療法にかける強い思いが一つとなり、まさに三位一体となり設立された患者会でご座います。「私たち自身で、治療法の確立と生活の質の向上を目指すとの理念のもとに、これまで積極的に諸活動を進めて参りました。その結果現在では、法人格を有した患者会として、会員数4000名、北海道から沖縄まで39支部へと大きく発展して参りました。

昨年度は設立20周年の記念すべき年、次の10年に向けてのキックオフの年として、国内外から治療法研究の第一人者の先生方による、国際網脈絡膜変性フォーラムを開催し、多くの皆様方から高い評価もいただくことが出来ました。

一方主体事業でもあります、JRPS研究助成事業は、研究の裾野を広げていく目的として、1997年から毎年継続して行っています、この結果、受賞された多くの先生方は、永年に渡り研究を継続され、現在では世界のトップランナーとしてご活躍されていますことは、誇りに思うところでも御座います。
これも、日頃JRPSの活動にご理解とご協力をいただいているみなさまのお力と、心より感謝申
し上げます。

地道な活動を続けてきたJRPSですが、ここ数年治療法確立に向けて研究はこれまでにないスピードでシンポしてきています、次につながるiPS細胞を用いた再生治療、遺伝子治療、人工網膜、装薬などの臨床研究や、治験が始まりようやく長いトンネルの先に一筋の光が差し込んでまいりました。こうした最新治療に対する患者たちの期待は大きく高まっています。私たちは、次の10年にむかい、治療法を更に加速するために、まさに患者の参画を一層進めながら、再び「治療法の確立」と「QOLの向上」を目指して、邁進していく所存です。

今後ともなお一層のご指導、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

日本網膜色素変性症協会(JRPS)のWebサイトへようこそ

当サイトは、協会本部の運営するサイトです。

JRPS本部へのお問い合わせフォームをご利用の場合は、こちらをクリックして下さい。

各支部へのお問い合わせフォームは、支部のページにご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

JRPS入会お申し込みフォームはこちら

会報誌(あぁるぴぃ)過去の目次こちら

 

コメントは受け付けていません。

最新ニュース


最新の活動