■研究者面談報告目次

シリーズ ◆研究者インタビュー◆

2015年6月に開催されたJRPS社員総会(旧代議員会)で「第2次中長期計画」が承認され、治療法研究推進のために、患者目線にたって日常的に活動を担当する「研究推進委員会(略称:Wings)」が設置されました。
現在、第一線の研究者から研究の現状と展望についてお話を伺っています。順次、内容を会報で紹介していますが、当WEBサイトにも併せて掲載します。

—— ◇—— ◇ —— ◇ —— ◇—— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ —— ◇ ——
■研究者面談報告 第1回
岡山大学医学部(眼科)松尾俊彦先生、工学部内田哲也先生に聞く
「岡山大学方式人工網膜OUReP」の開発~医師主導治験の見通し~

■研究者面談報告 第2回
山梨大学医学部眼科教室 飯島裕幸先生に聞く
~ハンフリー視野検査から病気の進み具合が予測できる~

■研究者面談報告 第3回
理化学研究所 高橋政代先生に聞く ~網膜再生医療の未来について~

■研究者面談報告 第4回
九州大学眼科 池田康博先生に聞く ~視細胞保護遺伝子治療のこれから~

■研究者面談報告 第5回
京都大学眼科 池田華子先生に聞く ~ 新しい神経保護治療の治験に向けて ~

■研究者面談報告 第6回 
岩手大学工学部応用化学・生命工学科視覚神経科学研究室富田浩史先生に聞く
~遺伝子治療による視覚再生-臨床に向けた取り組み~

 

 

カテゴリー: QOL情報, RP研究動向, お知らせ, ニュース パーマリンク

コメントは停止中です。