第23回日本網膜色素変性症協会(JRPS)研究助成者決定のお知らせ

第23回JRPS研究助成は、JRPS学術審査委員の厳正な審査により、次の3件に決定いたしました。

林 孝彰 先生(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター)
『全身疾患に合併する遺伝性網膜ジストロフィの病態解明を目指した分子遺伝学的研究』

朝岡 亮 先生(東京大学医学部附属病院眼科)
『網膜色素変性症のベイズ推定による視野進行予測およびそれを利用した高速視野計測、眼底自家蛍光による視野予測モデルの構築・検証』

長谷川 智子 先生(京都大学眼科学教室)・・・・・・・・・・ライオンズ賞
『網膜色素変性症の新規進行抑制治療薬としての分岐鎖アミノ酸の細胞保護メカニズムの解明』

※ 表彰式と記念講演は、9月22日(日)の「世界網膜の日in富山」で行います。
※ 詳細は秋ごろ発行予定の『ニュースレター』No.33に掲載します。

カテゴリー: RP研究動向, お知らせ, イベント情報, ニュース, 世界網膜週間-世界網膜の日, 医療講演会, 情報公開, 本部, JRPS研究助成 パーマリンク

コメントは停止中です。