第14回JRPS網脈絡膜変性フォーラム in 東京2019

第14回JRPS網脈絡膜変性フォーラム2019 in 東京(6月30日(日))

治療法の確立が待ち望まれている網膜色素変性症の患者を対象として、多くの臨床試験(臨床研究・治験)が国内外で実施されるようになってきました。JRPSでは今年も下記の要領で「網脈絡膜変性フォーラム」を開催しました。多数の患者、家族、医師、専門家のみなさまが来場され、大盛況でした。
第一線で活躍する医師・研究者として講演していただいた3人の先生方の治療法研究の成果と展望をご紹介いたします。
(講演および質疑応答の動画は、会員限定の頁にあります)

日時:2019年6月30日(日) 10時~12時(開場9時15分)
会場:KFCホール
(東京都墨田区横網1-6-1 国際ファッションセンタービル3F)

公益社団法人日本網膜色素変性症協会(JRPS)理事長
佐々木裕二からの挨拶(動画

本フォーラムの趣旨説明(動画
(山本修一先生(千葉大学)JRPS学術委員長)

プログラムのPDF版は、ココにあります。

講演:

1.:藤波 芳 先生(東京医療センター{感覚器センター})
網膜色素変性治療に関する世界の動き
-診断から治療までの一体的診療-」
(動画は会員の頁にあります)
フォーラムパンフの藤波先生講演・紹介PDF版は、ここ、とココです。

2.:三浦 玄 先生(千葉大学)
網膜神経保護の試み」(動画は会員の頁にあります)
フォーラムパンフの三浦先生講演・紹介PDF版は、ここ、とココです。

3.:堀田喜裕 先生(浜松医科大学)
網膜色素変性の遺伝子診断におけるメリットとデメリット
(動画は会員の頁にあります)
フォーラムパンフの堀田先生講演・紹介PDF版は、ここ、とココです。

上記3講演に関する質疑応答(動画は会員の頁にあります)

オーガナイザー:
角田和繁先生(東京医療センター{感覚器センター})
山本修一先生(千葉大学)

主催: 公益社団法人 日本網膜色素変性症協会(JRPS)
後援: 厚生労働省、公益社団法人 日本眼科医会、日本ロービジョン学会、
公益社団法人 ネクストビジョン
問合せ: 公益社団法人日本網膜色素変性症協会(JRPS)事務局
(TEL 03-5753-5156)

※本フォーラムの対象:眼科医・医療関係者、行政・福祉関係者、患者・家族
※本フォーラムは専門医認定事業です
※入場無料

カテゴリー: イベント情報, ニュース, 医療講演会, 情報公開, 本部, 網脈絡膜変性フォーラム パーマリンク

コメントは停止中です。